FC2ブログ

あいいろノート

まったりと告知や雑談等

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本紹介もしたいけれども

■どうも、ゆめみやです。
 
 生きてます。本も読んでいます。

 今日(4/4日)は会社の呑みがあったため、

 自分の都合に充てようと思っていた時間が

 なくなってしまったのが少々残念でもあります。
 
 そして、本紹介もしたいけれども
 
 文章力のなさなのか、わかりませんが、
 
 一回書くのに1時間はかかってしまってしまいます……



■かなりの手間がかかってしまうため

 いけないとは思いつつも、
 
 正直めんどくさいと思う自分がいます(笑)
 
 しかし、

 日々の反復をしないと自分が成長しないため、

 毎日気づいたことや見聞きしたことなどを書いて行こうかな?

 と決意新たにした次第でございます。

 (自分が忘れないための備忘録としても活用していこうと思います)



それでは今日は社長から見聞きした事をお伝えしていこうと思います。



■それは今朝(4/4)の車中での出来事。

 社長の知り合いの社長 の友達の家を見て欲しいとの事で、

 私に「お前も色々と俺が喋ってるのどうこうだとかを、良く聞いておきなさい」

 と言われ、くっついていったときの話です。



■最初は無言な状態でしたが、

 少し経ち、色々と聞いておかないともったいないと思い、

 まず簡単な質問からすることにしました。

 その中からいくつかチョイスしてお話したいと思います。



■まず第一に

 私が経営者になるために、今すべきことは何か

 と言われました。
 (私は「人間性を上げる」だの「営業力を磨く」だの
  「数字を見る」だの「目標をたて部下を導く」だの
  答えを並べましたがいずれも
  「うわべっつらだけの理論を語っている」と言われてしまいました。)



■社長からは

 人の上に立つには歳相応の階段を登っていくことだ

 と教えられました。

 例えば一段ずつでも二段ずつでも、ともかく目の前の仕事をこなす

 そしてこなしたなかで見えてくるものがあるので、それを見つけろ。

 とのことでした。

 それは私であれば「営業の決定率を上げる」ことでした。(決定率は現在6-7割程です)



■これを聞いたときに

 読んでいる本の中で「専門性の成熟」という項を思い出しました。

 (専門性を成熟させるためには、ある一定の期間、その物事を
  自分に返ってくる感覚を元に ひたすら反復する必要がある、という感じの項です。)

 つまりは営業の決定率を上げるには

 営業としての成功体験を元に
 日々のお客さんとの関わりあいを通じて返ってくる感覚を
 受け止め、そしてそれを反復することで、決定率をあげることが可能なのでは。

 と思ったところでございます。



■また、成功体験を得るためには営業を決めることが必要ですが、

 心理学を学んだり、社長や上司(私の直属の上司は営業部長です。)

 の言うことを聞き、 事例を積み重ねること。

 これが成功体験へつながるのだな、

 と気づいた所存です。



■私がまだまだ社会人としてひよこだと言うことを再認識したと共に

 期待もされているのだなという思いも感じました。

 目の前の仕事をこなすことに(決定率を上げることに)専念したいと思います。



■本日は以上になります。

 私もまだまだ若輩であることを日々痛感していますが、

 それもまた成長を実感できるので楽しくもあります。

 この一年で確かに成長した、と、今日社長から言われました。

 大変うれしく思います。

 明日はまた車中で聞いた、別のことを書こうかと思います。

 読んでくださってありがとうございました。



―――――――――本日のまとめ――――――――――
■社長になるため(成長するため)には、
 自分の歳相応に用意された階段を登る
 (今やるべきことをやる、こなすべきことをこなす!)

■成功体験を得ることによって
 反復練習が生まれる。反復練習をすることによって
 階段を登ることができる

■社長や上司等、
 自分より人生を多く歩んでいる(階段を登っている)者には
 失礼ではない範囲で色々と聞いてみる
 嫌な顔ひとつせずに教えてくれる
 (聞き方はについてはごく普通のマナーが守られていることが前提です。)

PageTop

知識ゼロからの人脈術

■皆さんどうも、ゆめみやです。

 なかなか予定が入ってしまい、毎日(ブログの)更新とは行きませんね。。。

 そんな8日と9日は会社グループ内の、
 静岡センターより副センター長が研修に来たため接待をしておりました。

 見た目がクレヨンしんちゃんの園長先生みたいでしたが、
 気さくで、話しやすい方でした。

■若い人へ対する不満があるようでしたが、
 たしかに今の若い人は(私も含めて)甘えている人が多い気がします。
 (上司に対して意見を言わないイエスマンが多いと聞きます。)

 若いうちは滅私奉公といって、
 ただひたすら自分の意見もいわずに会社のために尽くすことが必要となります。
 しかしそれは右も左もわからない赤子であるから必要なことであって、
 考える力までも捨てて「はい」しか言えない人にはなりたくないですね。

 人間は楽へ楽へと行ってしまうので
 ついつい環境に流されてしまいがちですが。。。
 (私も毎日自分を律するのが大変です(笑))

 さてさてそれでは今日も本を紹介させていただきます。

■これも先日読んだ本になりますが
「知識ゼロからの人脈術」(幻冬舎 著:弘兼憲史)
知識ゼロからの人脈術知識ゼロからの人脈術
(2009/12)
弘兼 憲史

商品詳細を見る


■これは人脈術を「ビシネスを成功させ、人生を豊かにする魔法」
 と謳っている本なんですが、
 まさに人脈術の入門書とも言える本でした。
 (内容にイラスト・漫画が豊富なため、
  先日御紹介した一生モノの人脈術よりもわかりやすい形です)

■本書の中で特に私が読み応えを感じたのがコラムで、
 その中で勝間和代氏が唱えた
 「ギブの5乗」(ひたすら自分が得た知識や情報を発信し続けること)
 というのが非常に印象に残りました。
 (情報を受け取った方が自主的に何かを返してくれる→人脈となる。という考え方です)

■また、本書の中で書かれている多くのことが先日の
 「一生モノの人脈術」と被っていますため
 理解を深めるためにも是非両方買っていただき
 交互に読むことをオススメいたします。


■そして次回はですが、前回の記事で書かせていただきました
 「ブログを更新し、自分を発信し広く人に受け入れてもらうことが
 人脈の形成に繋がることだということも学ばされました。
 何よりも洞察力等が増すんだそうです。」

 の「洞察力」について
 少しお話をさせていただけたらと思います。
 (今読んでいます心理学の本で洞察について触れられていたため)


■さて今日の本紹介は以上になります。
 また長くても何に焦点を当てているかブレてしまいますため。。。

 それでは今日も人生を輝かせる日にしていきましょう!


―――――――――本日のまとめ――――――――――
■滅私奉公という言葉があるが、
 考えることを辞めてイエスマンになってしまっては意味がない。
 (上司に意見の一つも言えないようでは人脈の構築など到底できない)

■人脈を形成するには常に人に知識や情報を与え続けることが必要不可欠!
 (そのためには本を良く読み、知識情報を蓄える)

■知識や情報を与え続ける一つの最適手段としてブログ(やメルマガ)がある
 (情報を発信するために洞察力や文章力の訓練をする必要があるため)

PageTop

一生モノの人脈術

■皆さんどうも、ゆめみやです。

 昨日は中学の同窓会が入り、
 3次会まで行ったためブログを更新できませんでした;;;

 3次会では僕の尊敬している人でもある人が、
 良く立ち寄る場所ということで
 初めて連れて行ってもらいました音楽バーです。

■クイーンとキッスを流しているおじさんがいてとても話が合いました。
 ロックはいいものです。

 さてさてそれでは本日も本を紹介させていただきます。

■これも先日読んだ本になりますが
「一生モノの人脈術」(東洋経済新報社 著:鎌田浩毅)
京大・鎌田流 一生モノの人脈術京大・鎌田流 一生モノの人脈術
(2010/04/02)
鎌田 浩毅

商品詳細を見る


■これは京大人気No.1教授が贈る「本物の人間関係」
 つくるための方法を書いた本になります。
 「人脈」と聞くとどうしてもセコいイメージがあります(私がそうでした)。

■しかし本書は「自分ではなくまず他人のため」
 「社会貢献につながるような目標や夢をもつこと、またそれに向かって達成すること」
 
そういったことに人脈はついてくるといったことが書かれています。

 私は将来の目標が独立・起業することなのですが
 こういった理念をもって行動する人にこそ人は着いてくるのかな。
 と勉強させていただきましたところです。


 そして、私がこうして突然ブログを更新し始めましたのは
 実は本書を読んだからです(笑)

■ブログを更新し、自分を発信し広く人に受け入れてもらうことが
 人脈の形成に繋がることだということも学ばされました。
 何よりも洞察力等が増すんだそうです。

■今ブログを書いていて伝えたいことの1割も伝えられないことが悔しいです。

 素晴らしい本を読んだのに
 その良さを余すことなく伝えられる程の文章力が
 まだまだ足りないということを痛感します。
 しかし、それもまた(とりあえずは)こうしてブログを書くことが
 勉強になっているのではないかなとも、感じております。


■あまり長くなっても収集がつかなくなりますので今日はこの辺で。

 それでは今日も人生を輝かせる日にしていきましょう!



―――――――――本日のまとめ――――――――――

■人脈は自分のためだけではない
 (他人のため、社会のために役立ててこそ初めて人脈となる)。

■常に誠実さをもって他人に接することが人脈の構築に繋がる。

■ブログを書く事によってディソシエイト(第三者の視点)
 で見ることにつながり、【洞察力】や【考える力】が身につく。

PageTop

人生で大切なことは、すべて書店で買える。

皆さんどうも。ゆめみやです。


長らくブログ更新をしていませんでしたが、今日から少しずつしたいと思います。
最近読書にハマっているのでしばらくその方面で更新していきます。
もちろん絵も少しずつ描いております。

社長になるにあたってこのままではイカンと一念発起し、本を読むことにしたのが始まりですが
これがまた楽しいです

結構自分でも当たりを引いてるのではと思います。
さて無駄話もこれくらいにして本題へ

「人生で大切なことは、すべて書店で買える。」(日本実業出版社 著:千田琢也)

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。
(2011/07/28)
千田 琢哉

商品詳細を見る



これは先日読破した本ですが、
著者も昔は読書嫌いであったのを、大学時代に4年間で金額にして1,000万円以上、1万冊以上の本を購入するまでになった。
そして、それらの本を全て読破した。

私が感動したのは本を読むことがいかに大切かが丁寧に書いてあることです。(少し著者の思い込み的な部分が強いところもあります)
また、本の中で24冊本が紹介されていますがこの紹介がまたいいです。
この本を読んで「本を読もう」という気になったあと、すぐにAmazonでポチってしておけば
そのままのモチベーションで24日間のやることは決まってしまいます。
この本は文字数も少なく、非常に読みやすいので是非一度お手にとってみてはいかがでしょうか?


それでは本日はこれくらいにしたいと思います。
一日一冊を目安に本を読んでいきたいと思いますのでこれからもよろしくお願いします。

PageTop

智ちゃんのために!

この記事はブロとものみ閲覧できます

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。